パンデミック後の世界において、サイバー犯罪者達は「デジタルノーマル」により顕在化した脆弱性に対して新しい攻撃方法を編み出しており、企業や組織のデジタルリスクはますます増大すると予測されます。サイバー犯罪者によるハリウッドのSF映画のようなサイバー攻撃が現実のものとなり、ディープフェイク技術が新たな攻撃者の武器となります。サプライチェーン攻撃は更にその勢いを増し、「マルチモーフィック」なマルウェアが検出を回避、サイバー犯罪者がアイデンティティ(ID)だけでなく、ITエコシステム全体を偽装する世界が訪れるでしょう。

本レポートではCYFIRMAの脅威インテリジェンスチームが調査及び考察を行い、2021年に予測される10テーマのサイバー脅威予測を纏めています、

10大脅威予測レポートのダウンロードをご希望される方は以下フォームに必要情報をご入力下さい。

追って、レポートのダウンロード用リンクをご送付いたします。

CYFIRMAのプライバシーポリシーを確認の上、Submitボタンを押してください。