Tokyo 2020を取り巻くサイバー脅威情勢
(21年版)

このレポートでは、2021年に開催されるTokyo2020オリンピックに対するサイバー脅威情勢、及び攻撃者の概要と、オリンピック関連組織が取り入れるべきベストプラクティスについて取り上げています。

ダウンロード

⽇本及び東南アジア地域における脅威ランドスケープレポート(2020 年下半期)

地政学的ダイナミクスの変動、COVID-19のパンデミック、そしてデジタルビジネスの発展により、日本及び東南アジア地域を取り巻く脅威情勢は劇的に変化しています。日本を含むアジア地域における主要な脅威アクター(攻撃者)や利用されている攻撃手法・エクスプロイト・マルウェアのトレンド、そして今後の脅威予測について、CYFIRMAリサーチによるレポートをご覧ください。

ダウンロード

CYFIRMA 2021年10大サイバーセキュリティ脅威予測

パンデミック後の世界において、サイバー犯罪者達は「デジタルノーマル」により顕在化した脆弱性に対して新しい攻撃方法を編み出しており、 企業や組織のデジタルリスクはますます増大すると予測されます。
ハリウッドのSF映画のようなサイバー犯罪者の現実のものとなり、ディープフェイク技術が新たな攻撃者の武器となります。サプライチェーン攻撃は更にその勢いを増し、「マルチモーフィック」なマルウェアは検出を回避、サイバー犯罪者はアイデンティティだけでなく、ITエコシステム全体を偽装する世界が訪れます。CYFIRMAの10大予測の詳細はこちらをご覧ください。

ダウンロード