CYFIRMA IDCアナリストブリーフ

多くの企業が、自社の脆弱性について完全には理解できておらず、それらの攻撃を試みている犯罪組織や、こうした攻撃者が侵入時に用いるツールやアプローチを把握するために、対策を講じている企業が多くないのが現状である。包括的なサイバーセキュリティ戦略は、内部システムの保護や検知について考慮するのみならず、特定可能な潜在的、既知の脅威について、先手を講じて対応する必要がある。こうした外部脅威やリスクに合わせて、共に変化することができる動的なセキュリティ態勢を実現するにはどのような対策が必要なのかをご説明いたします。

ダウンロード

DeCYFIRデータシート

経営層から戦略部門、SoCチームに至るまで、クラウドベースの脅威可視化、インテリジェンスプラットフォームDeCYFIRを活用することで事業、IT責任者がサイバー攻撃から自社データや資産を保護しつつ成長とイノベーションを加速させることができます。攻撃対象領域を検知しデジタルリスクプロファイルを構築、緊急性の高い攻撃の予測に向けパーソナライズされたサイバーインテリジェンスを活用しお客様の組織を強固に防御します。

ダウンロード

DeTCTデータシート

デジタルトランスフォーメーションによりデジタルリスクは加速度的に増大しサイバーセキュリティ責任者は攻撃対象となったデジタルフットプリントの発見という難題に直面しています。デジタル流出リスクの検知速度が自社ブランドや評判、財務状況への損失や影響度を大きく左右するといえます。CYFIRMA提供のDeTCTでこうした被害や損害を最小限化することができます。

ダウンロード

Tokyo 2020を取り巻くサイバー脅威情勢
(21年版)

このレポートでは、2021年に開催されるTokyo2020オリンピックに対するサイバー脅威情勢、及び攻撃者の概要と、オリンピック関連組織が取り入れるべきベストプラクティスについて取り上げています。

ダウンロード

⽇本及び東南アジア地域における脅威ランドスケープレポート(2020 年下半期)

地政学的ダイナミクスの変動、COVID-19のパンデミック、そしてデジタルビジネスの発展により、日本及び東南アジア地域を取り巻く脅威情勢は劇的に変化しています。日本を含むアジア地域における主要な脅威アクター(攻撃者)や利用されている攻撃手法・エクスプロイト・マルウェアのトレンド、そして今後の脅威予測について、CYFIRMAリサーチによるレポートをご覧ください。

ダウンロード

CYFIRMA 2021年10大サイバーセキュリティ脅威予測

パンデミック後の世界において、サイバー犯罪者達は「デジタルノーマル」により顕在化した脆弱性に対して新しい攻撃方法を編み出しており、 企業や組織のデジタルリスクはますます増大すると予測されます。
ハリウッドのSF映画のようなサイバー犯罪者の現実のものとなり、ディープフェイク技術が新たな攻撃者の武器となります。サプライチェーン攻撃は更にその勢いを増し、「マルチモーフィック」なマルウェアは検出を回避、サイバー犯罪者はアイデンティティだけでなく、ITエコシステム全体を偽装する世界が訪れます。CYFIRMAの10大予測の詳細はこちらをご覧ください。

ダウンロード