CYFIRMAサイバー脅威予測レポート(2022年版)

2021 年、世界が日々のビジネスや生活において“ニューノーマル”への適応を迫られました。サイバー犯罪者はその背後で、COVID-19関連の組織や機微情報をはじめとする多様な標的を定め、組織のサプライチェーンやネットワークを混乱させるなど高度な攻撃を仕掛けてきました。

2022年も、サイバー犯罪者はその手口を一層巧妙化し、戦術、技術を常に変化させながら、防衛者の裏をかいた攻撃を実行するでしょう。また革新的な新技術の開発と普及に伴い、予見や軽減が困難な攻撃が次々と展開され、その動機も多様化すると思われます。総括すれば、「サイバー犯罪者の手の届かない場所はない」という事実を、本年も改めて意識せざるを得ない情勢が発生すると考えられます。

「CYFIRMAサイバー脅威予測レポート(2022年版)」では、2021年の脅威情勢を振り返った上で、組織の事業運営や資産防衛を行う際に特に優先して考慮すべき10点の顕著なトレンドとシフト、推奨されるアクション等に焦点を当て解説をしております。
是非ダウンロードの上、詳細をご覧下さい。

レポートのダウンロードをご希望される方は以下フォームに必要情報をご入力下さい。

追って、レポートのダウンロード用リンクをご送付いたします。

    [cf7sr-simple-recaptcha]

    CYFIRMAのプライバシーポリシーを確認の上、Submitボタンを押してください。