CYFIRMAについて

ニュース

SNSで悪意ある「陰謀論」を拡散…選挙イヤーの今年、サイバー工作員たちが撒き散らす「偽情報」とは
News 2024-01-19
SNSで悪意ある「陰謀論」を拡散…選挙イヤーの今年、サイバー工作員たちが撒き散らす「偽情報」とは

<「台湾の頼清徳は中国と戦争を始める」「メディアが真実を隠蔽」。選挙イヤーの今年、SNSでの「情報工作」が世界を席巻する可能性が> 2024年1月13日、台湾で4年に一度の総統選・立法院(国会)委員選が行われた。結果は、与党・民進党の頼清徳氏が勝利したが、立法院では、民進党が過半数を確保できない結果になった。 2024年は近年稀に見るほど世界各地で選挙が行われる年である。そして政治家やジャーナリスト、テック系企業、そして民主主義システムが試される1年となる。台湾での選挙は、今年の「選挙カレンダー」でも最初のイベントだった。 今回、前回2020年の総統選と同様に、台湾市民に対する偽情報などによるディスインフォメーション工作が起きている。工作を実施したのは、中国共産党だけでなく、他のアクターによっても起きている。これまで以上に、SNS(ソーシャルメディア)では、工作はAI(人工知能)によってさらに「武装化」され、今年、各地で行われる選挙において破壊的な役割を果たす予感がする。 筆者は、昨年2023年12月に放送された日本テレビの『世界一受けたい授業』にて話をさせてもらったが、いま、国家の情報機関などは調査・工作活動の6割以上がサイバー空間に移行している現実がある。選挙のような国家の行方を左右するイベントでは、政府系アクターが情報収集や影響工作のみならず、ディスインフォメーションまでを介して関与してくるのである。 続きはこちらから

12/21開催!日経セキュリティマネジメントSummit 2023 再演ウェビナー
News 2023-12-07
12/21開催!日経セキュリティマネジメントSummit 2023 再演ウェビナー

日経セキュリティマネジメント Summit 2023 Winterでは多くの方にご視聴頂きました! ご視聴頂いた皆様、ありがとうございました。 大変ご好評だった為、弊社のzoomウェビナーで再演致します。 見逃した方、そしてお時間のある方は是非ご参加くださいませ。 下記お申込フォームをより受け付けております。 皆様のお申込、ご参加をお待ちしております! □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ 日時:2023年12月21日(木) 12:00-12:30 zoomウェビナーにて開催。無料。 テーマ :脅威インテリジェンスを再定義 ~サイバー防衛強化に向けた「ニューロ・センター」という新しいアプローチとその活用~ スピーカー:エバンジェリスト カスタマーサクセス兼プリセールス担当ディレクター 佐野 健一 【講演概要】 新しい脅威、脆弱性、そしてセキュリティ製品が日々登場する今日、自社に本当に必要な対策は何なのかとお悩みの企業が増えています。本セッションでは、自社を取り巻く外部脅威情勢を正しく把握することで、真に必要な対策を推進可能とする「ニューロ・センター」という新しいコンセプトと、その活用方法や例について解説いたします。 【お申込について】 [contact-form-7 id="22398" title="セキュリティマネジメントsummit再演ウェビナー申込"] □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

サイバー攻撃の標的となる各組織の「隙」が、ダークウェブの「地下フォーラム」で情報交換されている
News 2023-11-25
サイバー攻撃の標的となる各組織の「隙」が、ダークウェブの「地下フォーラム」で情報交換されている

<今年の日本で立て続けに起きた深刻なサイバー攻撃。こうした攻撃による損失から企業を守るために必要な対策とは?> 今年ももう残りあと1カ月ほどになったが、2023年、日本では軽視できないサイバー攻撃がいくつもニュースになった。3月には国土交通省の河川カメラ300台以上が不正アクセスを受けて運用を休止し、6月には全国で使われているガス機器のシステムがサイバー攻撃で暗号化されて使用できなくなった。7月には日本最大級の貿易港である名古屋港のコンテナターミナルでサイバー攻撃によるシステム障害が発生している。東京大学でもサイバー攻撃による情報漏洩が11月に確認されている。 また民間企業に対しては、今年、日本で初めて新手のランサムウェア攻撃が確認されている。従来のように、システムに侵入してデータを暗号化し、復元することを条件に身代金を払わせるのではなく、暗号化はせずにデータだけ窃取して、データを公開しない代わりに金品を要求する。民間企業へのサイバー攻撃は、企業の業績に大きな影響を与える。 とにかくサイバー攻撃は引き続き重要な脅威となっている。そんな状況を踏まえ、今年5月には経済産業省が、サイバー攻撃対策を強化するようガイダンスを取りまとめている。 経産省はそのガイダンスで、サイバー攻撃から自社のIT資産を守るための手法として注目されている「ASM(Attack Surface Management)」をセキュリティ戦略に導入してほしいとアドバイスしている。 続きはこちらから

中東の混乱、真の問題は「宗教」ではない…サイバー戦争を軸に「地政学」の全貌を読み解く
News 2023-11-04
中東の混乱、真の問題は「宗教」ではない…サイバー戦争を軸に「地政学」の全貌を読み解く

<中東地域では「世界の地政学的な傾向」がどこよりも先に見られる傾向があり、サイバー領域においても世界に先駆けた動きが出ている> 2023年10月7日、イスラム組織ハマスがイスラエルに大規模攻撃を行った。それを受けて、イスラエル側も報復に乗り出しており、中東和平問題が再び混乱している。 表面的に見ると、中東地域のイメージは宗教的な狂信性が情勢を左右しているイメージがある。しかし、中東地域の混乱は、実際には宗教的事柄よりも純粋な地政学の問題が大きくからんでいる。中東地域は地政学の温床とも言え、さらに世界の地政学的な傾向が他よりも先に見られる傾向がある。 そして中東地域のデジタル化が進むにつれて、中東諸国は、敵対する勢力によって経済的または軍事的な力を削ぐためのサイバー攻撃にさらされている。攻撃者たちはそんな目的でシステムの脆弱性を突こうと狙っている。 中東のサイバー領域は、サイバー情報収集やサイバー戦争、そして紛争のハイブリッド化(現実と仮想空間の攻撃の統合)において先駆けとなる動きを見せていると言っていい。しかも日本も決して対岸の火事ではない。そこで今回は、イスラエルとパレスチナの紛争を受けて、中東地域におけるサイバー紛争の実態を見ていきたい。 続きはこちらから

セキュリティマネジメントSummit 2023 Winter~生成AI時代のサイバーリスクとどう向き合うか、先進企業の事例に学ぶ~にて講演決定!
News 2023-10-11
セキュリティマネジメントSummit 2023 Winter~生成AI時代のサイバーリスクとどう向き合うか、先進企業の事例に学ぶ~にて講演決定!

セキュリティマネジメントsummit 2023 winterにて講演を行います! サイファーマは、2023年11月28日(火)~11月29日(水)オンラインで開催されるセキュリティマネジメントsummit 2023 winterのプラチナスポンサーとして講演を行います。 「脅威インテリジェンスを再定義」と題し、目まぐるしく変わるサイバー攻撃へどう対処するべきか、お伝えできればと思っております。 皆様のお申込を心よりお待ちしております。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■ サイファーマ講演日時:2023年11月28日(火) 13:45~14:15 テーマ :脅威インテリジェンスを再定義 ~サイバー防衛強化に向けた「ニューロ・センター」という新しいアプローチとその活用~ スピーカー:エバンジェリスト カスタマーサクセス兼プリセールス担当ディレクター 佐野 健一 【講演概要】 新しい脅威、脆弱性、そしてセキュリティ製品が日々登場する今日、自社に本当に必要な対策は何なのかとお悩みの企業が増えています。本セッションでは、自社を取り巻く外部脅威情勢を正しく把握することで、真に必要な対策を推進可能とする「ニューロ・センター」という新しいコンセプトと、その活用方法や例について解説いたします。 【お申込について】 お申込は、日経BP特設サイトよりお申込下さい。 □■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

なぜ日本はサイバー攻撃者に「狙われやすい」? 政府や金融機関だけでない、意外な「標的」とは
News 2023-10-10
なぜ日本はサイバー攻撃者に「狙われやすい」? 政府や金融機関だけでない、意外な「標的」とは

<中国政府系のグループをはじめ世界的なハッカー集団には、日本の「標的」への侵入を試みる際に試みるパターンがある> 9月27日、アメリカのNSA(米国家安全保障局)とCISA(米国土安全保障省サイバーセキュリティ・インフラ庁)はサイバーセキュリティ・アドバイザリ(勧告)を発表し、日本の警察庁と内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)と連名で、「中国を背景とするサイバー攻撃グループ『BlackTech』(ブラックテック)によるサイバー攻撃に関する合同の注意喚起を発出しました」と警鐘を鳴らした。 このアドバイザリでは、「ブラックテックはルーターに検知されることなくファームウェアを書き換える能力を持っており、内部のルーターの間の信頼関係を不当に利用して、日本やアメリカにある企業の本社や、別の拠点への侵入を拡大させていく」という。 つまりこの中国政府系ハッカーグループは、脆弱性などを突いて通信機器に侵入し、そこから組織内部を移動していくことで、最終ターゲットである企業本社などに潜り込むことが実際に確認されている。そして、ウィルスを感染させたり、内部の重要データを盗み出したりする。 このケースのように、日本は最近、国際的なサイバー攻撃対策にこれまで以上に積極的に関与している。この傾向は、日本の国家的なセキュリティ意識の底上げにも非常に価値が高いものだと見ている。 続きはこちらから

カジノも日本が誇る時計メーカーも! あらゆる組織がランサムウェアの標的に…「5つの侵入口」とは?
News 2023-09-21
カジノも日本が誇る時計メーカーも! あらゆる組織がランサムウェアの標的に…「5つの侵入口」とは?

<あらゆる企業や組織がランサムウェアによるサイバー攻撃の標的になり得る時代。防御のためには知っておくべき「脆弱性」がある> 最近になってまた、ランサムウェア(身代金要求型ウィルス)によるサイバー攻撃が頻繁に報告されている。 9月初頭には、アメリカのネバダ州を拠点にしているカジノ・リゾートの大手企業が2社続けて、ランサムウェアの被害を受けて話題になった。どちらも、ホテルの機能やカジノのスロットマシーンなどが停止する騒ぎになった。 それ以外でも、アメリカでは数多くの民間企業や自治体、教育機関、医療機関が最近でもランサムウェアの被害に遭い、例えば、サンフランシスコのベイエリア高速鉄道(BART)もランサムウェアに感染してデータなどが漏洩している。 また韓国では、兵器製造も行う大手企業ハンファグループがランサムウェア被害を受けたばかりだ。日本でも最近、東京に拠点を置く電子部品大手企業や大手時計メーカーがランサムウェア攻撃を受けたと明らかにしている。7月には、ランサムウェアにより、名古屋港のすべてのコンテナターミナル内で運用している名古屋港統一ターミナルシステム(NUTS)に障害が発生した。 続きはこちらから

1 2 3 6