IDCアナリストブリーフ 

リスクプロファイルにおける外部脅威インテリジェンスのインパクト

正確な脅威インテリジェンスを通じて外部の脅威環境を理解し、差し迫った攻撃に備えることが可能に~

ほとんどのサイバーセキュリティは、保護に焦点をあてており、身近に迫りつつある脅威に対して十分な注意が向けられていません。包括的なサイバーセキュリティ戦略のためのインテリジェンスハンティングが注目されています。

IDCのセキュリティプラクティス担当VP、 Simon Piffは、脅威ハンティングが侵害前提の「過去に何が行ったのかを答えを探る」遡及的な活動であるのに対し、インテリジェンスハンティングは、外部の脅威環境を理解し、差し迫った攻撃に備えることを可能とする「これから何が起こるのか」に対する知見を獲得するための活動であるとしています。

インテリジェンスハンティングのメリットは、「誰が」「なぜ」「何を」「いつ」「どのように」行うのかを明らかにすることで、自社のセキュリティ対策をチューニングし有効性を高められること。そして、攻撃を未然に阻止するための活動が可能となることです。

本書では「脅威があらかじめ警告されることの価値が明白になるにつれ、近い将来、この市場分野は成長する」とIDCが予測する外部脅威インテリジェンスが、サイバーセキュリティチーム、お客様のビジネス、株主などのステークホルダーにどのような影響を与えるかが考察されています。ぜひご一読ください。

レポートのダウンロードをご希望される方は以下フォームに必要情報をご入力下さい。

追って、レポートのダウンロード用リンクをご送付いたします。

    [cf7sr-simple-recaptcha]

    CYFIRMAのプライバシーポリシーを確認の上、Submitボタンを押してください。