攻撃対象領域を明らかに

あらゆるデジタルプラットフォームが武器化されつつあります。貴社のデジタルフットプリントを明らかにし、インターネット上に開示されている攻撃対象領域を可視化

標的型攻撃を防止

ブランドが偽装されていないか?経営陣のプロフィールがなりすまされていないか?疑わしい、危険な類似ドメインがないか?こうした脅威をすばやく発見しその被害を最小限に抑止

脆弱性を可視化

自社の脆弱性を理解しつつ、それをハッカーがどのように悪用するかを理解。DeTCTは、何百万に及ぶデータソースを監視し、ネットワークとシステム上の弱点に関するインサイトをハッカーの視点から収集し提供します。

対策を迅速に実行

データ侵害やデータ漏えいをすばやく検知し、規制やコンプライアンスの遵守に向け、明確な改善策とともに対策を実行

包括的にデジタルリスクを管理

自社のデジタルフットプリントと攻撃対象領域を理解することは、情報漏洩のリスク軽減や再発防止への道筋を明確にしてくれる重要な要素です。

攻撃対象領域を認識

自組織のデジタルフットプリントを理解ハッカーの脅威に晒されているドメイン、サブドメイン、IPアドレス範囲、ソフトウェアバージョン、脆弱性などの問題のある資産を特定

なりすましと侵害

組織のデジタルプロファイル、資産、製品、ブランドを偽装しているすべてのオンライン上のエンティティを一覧表示

データ侵害の監視

貴社のシステムからの重要なデータ流出につながる恐れのある、データ侵害に対するホリスティックな視点を提供

脆弱性エクスポージャー

セキュリティ侵害を招く恐れのある貴社資産の脆弱性や不備をリスト化

ダークウェブエクスポージャー

ハッカーの会話や潜在的な不正行為を可視化。ダークウェブのマーケットプレイス上で漏洩もしくは売買される機密情報を明らかに

ソーシャル & パブリックエクスポージャー

サーフェスウェブやソーシャルメディアプラットフォームで公開されている類似ドメイン、ハンドラー、ロゴを特定

セキュリティ対策の弱点を特定

迅速なアクションに向けたダッシュボード、トレンド分析ならびにメトリクス

  • リスク、ハッカビリティスコアとそのトレンドをダッシュボードで表示
  • 攻撃対象領域、データ侵害やデータ漏洩、それらのトレンド指標などの分析用メトリクスを提供
  • 修復・対策を必要とする特定のCVE番号(共通脆弱性識別子)を含む、攻撃対象領域の詳細情報
  • 個々のリスクスコアを有効期限に関するアラートを含む、証明書に関する詳細
  • リスクスコアやインパクト分析、またブランド、ドメインのなりすましなどに関する詳細

ブランドとデータ保護

データ漏えいや侵害を阻止するための対策を実施

  • 漏洩または侵害され、ダークウェブ、サーフェスウェブ、ソーシャルプラットフォーム等で公開されたデータを認識、推奨される対策案を提供