構造化され包括的かつパワフルな脅威インテリジェンスプラットフォーム

クラウドベースのSaaSプラットフォーム
エージェントレスで導入が容易
体系的な脅威分析に基づく明確な対応手順を提供
パワフルな脅威インテリジェンスプラットフォームにより組織をセキュアに

攻撃対象領域の調査とデジタルリスク保護を統合

最重要課題にリソースを配分することを可能に

全てのアラートに対するリスクレーティングにより、セキュリティ管理者がリソース優先順位を効率的に判断

サイバー攻撃に関する詳細なインサイトを獲得

脅威アクター属性、キャンペーンおよび手法の詳細を提供する「リスクドシエ」

カスタマイズされたインサイトによりノイズを遮断

業界、地域、テクノロジーに合わせ厳選されたパーソナライズドインサイト

貴社に対するサイバー攻撃を予見

差し迫った脅威を明らかにするEarly Warning(早期警告)を提供

外部の脅威情勢を可視化する、パワフルなサイバー脅威インテリジェンスプラットフォーム

進行中のサイバー攻撃に対する独自の分析能力を、新たな脅威への有効的な対策として活用

攻撃対象領域の発見

貴社の公開システムの脆弱性や不備を発見する攻撃対象領域ディスカバリー機能をお客様に提供。脆弱性マネジメントを高度化し、セキュリティ・コントロールを適切に展開

経営層向けの意思決定ダッシュボード

業界のサイバートレンド、利用中の各種テクノロジーリスクに関するインサイトを提供、お客様のジオロケーションに脅威インテリジェンスを常に関連付けて提供

迅速な分析に向けたリスクスコアとハッカビリティスコア

経営層に向け組織のサイバーセキュリティ態勢の現状やトレンド分析に関する最新情報を迅速に提供

運用チーム向けの優先順位付けされた脅威インディケーター

DeCYFIRにより運用チームは該当の脅威やリスクを調査し、更に早急な対応が必要となっている脆弱性を把握可能

「リスクドシエ」でハッカーとそのキャンペーン、動機や手法を関連づけ

サイバー攻撃キャンペーンの4W1H(誰が、どういった動機で、どの資産を、どのように攻撃しているのか)の疑問に回答

セキュリティリーダーによる脅威マネジメントに向けたガイド付きアプローチ

ベストプラクティスに基づく体系的アプローチと段階的なガイダンスによる支援により、リスク軽減を支援
エグゼクティブビュー

リーダーに向けた意思決定ツール

リーダーが日々変化するダイナミクスを的確に理解し、高度な意思決定を加速させるために有効なエグゼクティブダッシュボード

  • リスクとハッカビリティスコアリング、その時系列的なトレンドを提供
  • 重要な脅威インディケータをダッシュボード上に表示、正確で迅速な意思決定を円滑化
  • グローバルの情勢やその変化が組織全体のデジタルプロファイルにどのような脅威となりえるのか、情勢認識を提供潜在的な脅威として発生する可能性のあるリスクを理解
マネジメントビュー

セキュリティ管理に向けた、ガイド付きの体系的アプローチ

段階的ガイダンスでリスクを低減し迅速なアクションを可能に、貴社の攻撃対象領域、関連する脆弱性、攻撃方法、デジタルリスク、ダークウェブ監視に基づく考察、状況認識を体系的に提供

オペレーションビュー

SOCチームに対し、貴社のコンテキストで優先順位づけ、関連づけされた戦術的対策に役立つ脅威インテリジェンスを提供

業界、地域、テクノロジーに関連する行動可能なインサイトを提供

  • 業界、地域、テクノロジーに関連する行動可能なインサイトを提供
  • 脆弱性を網羅したインベントリを提供
  • 貴社に対する潜在的な攻撃者に関連するIoC(Indicators of Compromise)を提供。例として、MD5、SHA、IP、ドメイン、ホスト名、URL、電子メール、CVE、エクスプロイト、ミューテックス、ファイル、SSLなど。