キンドリルジャパンとサイファーマ、脅威インテリジェンス分野において協業を開始

キンドリルジャパンとサイファーマ、脅威インテリジェンス分野において協業を開始

サイファーマが提供するDeCYFIRを活用してセキュリティリスクや脅威を可視化し、セキュリティに精通したキンドリルがIT運用やセキュリティ運用に向けたアドバイスを提供

 

世界最大級のITインフラストラクチャサービスプロバイダーであるキンドリルジャパン株式会社(以下 キンドリル)サイファーマ株式会社(以下 CYFIRMA)は、企業におけるサイバーセキュリティの強化を図るため、CYFIRMAが提供する脅威インテリジェンスプラットフォーム「DeCYFIR」を活用し、キンドリルが持つセキュリティ高度化に向けた知見およびIT運用やセキュリティ運用における経験に基づいたアドバイスやIT運用、セキュリティオペレーション支援を日本で提供する協業を開始します。

企業におけるサイバーセキュリティの強化において、各種セキュリティソリューションの導入だけでなく、悪意ある攻撃者から自社がどのように見えているのか、また自社に対してどのような脅威が存在するかという視点で脅威を分析し対応する脅威インテリジェンスの必要性が高まっています。また、複雑かつ変化の速いセキュリティ分野において、常に最先端をいく人材が肝要である一方で、企業は慢性的な人材獲得や育成が課題であり、専門知識を持つ人員によるサポートが期待されています。

CYFIRMAのコアプラットフォームである「DeCYFIR」は、外部の脅威情勢を可視化することでお客様のサイバー防衛を支援します。DeCYFIRはそれぞれのお客様の特性、及び業界、地域、技術にパーソナライズされた最適な脅威インテリジェンスを提供。更に戦略面、管理面、運用面に関するインサイトを網羅した多層的な脅威インテリジェンスをお客様に提供することが可能です。DeCYFIRは、独自のサイバーインテリジェンスと、攻撃対象領域のディスカバリー、脆弱性インテリジェンス、ブランドインテリジェンス、脅威情勢認識、デジタルリスク保護をワンプラットフォームで提供します。これにより、お客様は効果的なインテリジェンスの収集、ハッカー、活動の動機、攻撃キャンペーン、および攻撃手法などを相互に関連付け(アトリビューション)し、脅威情勢を包括的に把握することが可能となります。

今回の協業について、CYFIRMAの創業者であるCEO クマール・リテッシュは次のように述べています。

「世界最大級のITインフラストラクチャサービスプロバイダーであるキンドリルと協業し、急速に進展する脅威情勢に対応可能なサイバーセキュリティ戦略の実現に向けた、新たなアプローチを提供できることを大変嬉しく思っています。私たちは、企業が現在直面している最大の課題、すなわち企業の様々なステークホルダーへの貢献能力を阻害するようなサイバーリスクに対処するための手助けを提供したいと考えています。その解決策は、DeCYFIRから得られる洞察を活用してセキュリティコントロールを強化し、悪意のある脅威から組織を確実に保護する「インテリジェンス主導」のアプローチを用いることにあります。キンドリルが持つ広範なお客様カバレッジによりDeCYFIRをより多くのサイバー防衛者の手に届け、世界のデジタルビジネス、インフラ、そしてエコシステムをサイバー攻撃の破壊的な力から守るための役割を共に果たすことができると確信しています。」

キンドリルは、セキュリティ&レジリエンシーを6つの技術領域のひとつとして注力しています。キンドリルは、複雑かつミッションクリティカルなITインフラの運用を行ってきたシステムに関する豊富な実績とセキュリティに精通した高度なスキルや知見を生かして、脅威インテリジェンスプラットフォームDeCYFIRを活用した、IT運用やセキュリティオペレーションを支援します。具体的には、セキュリティリスクや脅威を可視化し、外部攻撃対象領域の管理、 デジタルリスクの優先順位付け、IOC情報の活用、Q&A対応などを行います。脅威からの防御だけでなく、対応・復旧に至る運用を見据えたコンサルティングを行うことにより、システム全体を捉えた安心・安全・安定したITインフラを支援します。

キンドリルジャパン株式会社の社長である上坂貴志は次のようにコメントしています。

「クラウド利用の加速やハイブリッドクラウドへの移行によるIT基盤の複雑化や、進化するセキュリティ脅威に対処するため、より高度なIT運用を行うことがお客様の経営レジリエンシーに繋がります。CYFIRMAが提供する優れた脅威インテリジェンスプラットフォーム『DeCYFIR』と、キンドリルが持つ長年にわたりお客様システムの安定稼働を支えてきた経験とIT基盤やセキュリティに精通した専門チームによりコンサルティングからシステム構築・運用までを行い、サイバー脅威からの予測・防御だけでなく、対応・復旧に至るまでのシステム全体を見据えた抜本的なセキュリティ対策を支援します。これにより、お客様のインテリジェンス運用の負荷を軽減するとともに、迅速かつ柔軟に経営基盤の強化や拡充を支援してまいります。」

キンドリルはゼロトラストに重点を置き、ベンダーにとらわれないクラウド・セキュリティの実現を、コンサルティング、導入、運用の各段階にて支援します。セキュリティ人材不足のお客様に、脅威からの予測・防御のみならず、対応・復旧に至る運用を見据えたコンサルティングを提案し、ガバナンスおよびセキュリティ運用の知見を生かした支援を提供します。

CYFIRMAについて:

CYFIRMAは、外部脅威情勢管理プラットフォームを提供するセキュリティ企業です。サイバーインテリジェンスと外部攻撃対象領域管理(EASM)、およびデジタルリスク保護と組み合わせることにより、予見的でパーソナライズされた、また必要なコンテキストを含む、アウトサイドインおよび複合的なインサイトを提供します。クラウドベースのAIとMLを搭載した分析プラットフォームは、外部の脅威情勢に関する深い洞察と攻撃者から見た視点を提供し、お客様が差し迫った攻撃に備えることを支援しています。CYFIRMAは、シンガポールに本社を置き、日本、インド、米国、EUにオフィスを構えています。同社は、ゴールドマン・サックス、Zodius Capital、Z3 Partnersから資金提供を受けています。詳細については www.cyfirma.com/jp/をご覧ください。

 

キンドリル(Kyndryl Holdings, Inc.)について:

キンドリル(NY証取:KD)は、世界最大級のITインフラストラクチャーサービスプロバイダーであり、世界中の企業が日々の業務で利用する、複雑かつミッションクリティカルな情報システムを設計、構築、管理、モダナイズしています。キンドリルは、世界で約9万人のプロフェッショナルを擁し、60カ国以上でフォーチュン100の75%に相当する企業を含む4,000社超のお客様にサービスを提供しています。詳細については、www.kyndryl.comをご覧ください。