顧客データを保護するための包括的な脅威インテリジェンス

世界数十か国で事業を展開するあるITサービス企業では、世界中の様々な業界、及び官公庁とのビジネスを行っています。当企業が管理・運営するハイブリッドクラウドでは、ERP、CRMで管理される情報、様々なプロジェクトの計画など、機微な情報が管理され活用されています。

ビジネスが拡大しエンジニアの数が増えるにつれ、より多くの従業員が機密データにアクセスできるようになります。当 ITサービス企業は、データ侵害が顧客からの法的措置につながる可能性があることを認識しており、サイバーセキュリティ態勢とサイバーレジリエンスに課題を感じていました。