Share :
2021-04-07

脅威インテリジェンス(スレットインテリジェンス)とは? ~ 脅威インテリジェンスという言葉を理解する

skull

「脅威インテリジェンス」(あるいはスレットインテリジェンス)という言葉が世の中に溢れ始めています。

果たして、脅威インテリジェンスとは何者なのでしょうか?今回は、「脅威インテリジェンス」という言葉を汎用的に説明してみます。

組織におけるセキュリティ戦略は、ビジネス特性、守るべき資産、リスクへの対応方針などにより異なりますが、脅威インテリジェンスは組織のセキュリティ戦略から戦術まで貢献する大事な要素です。

脅威インテリジェンスとは、「自組織にとっての攻撃者の特定と理解」「攻撃者から見る自組織のリスクの把握」を手助けするものです。脅威インテリジェンスを活用することで、自組織を取り巻く脅威情勢、自組織が保有している外的リスク、自組織を狙う攻撃者やその動機を理解することに繋がります。

良く、IoC(脅威存在痕跡)や漏洩データの収集を脅威インテリジェンスと称しているのを耳にしますが、必ずしも正確ではありません。脅威インテリジェンスのカバー範囲はもう少し幅広く、またセキュリティ戦略の成熟度によらず活用することができるものです。もちろん、最大限に活用するためには組織においてもセキュリティの組織、理解度、スキル、対策の成熟度を上げていく必要がありますが…

上記と異なる視点では、「データ」を収集し、整理した「インフォメーション」を、分析した結果が「インテリジェンス」と言われます。しかし、これはインテリジェンスの生成フローを示しているだけです。データ分析全般で使われるフローの説明であり、サイバーセキュリティの世界での脅威インテリジェンスの説明には不十分です。脅威インテリジェンスの概念について「自組織にとっての攻撃者の特定と理解」と「攻撃者から見る自組織のリスクの把握」の観点からかみ砕いて説明してみます。

インテリジェンスの概念

図:データ・インフォメーション・インテリジェンスの概念

 

「自組織にとっての攻撃者の特定と理解」

世の中のスポーツ競技では大概、対戦相手の情報収集を行って戦略を練った上で試合に挑みます。

外交・政治の世界においても相手の望むことと自分の望むことを比較検討し落としどころを探り合います。

翻って、サイバーセキュリティの世界ではどうでしょうか?

攻撃者はターゲットとする組織の情報をあらゆる手段を用いて収集していますが、守る側は自組織を狙っている攻撃者の情報を入手することができていません。このような情報の非対称性が発生しているのがサイバーセキュリティの現状です。守る側が圧倒的不利な状況と言われるサイバーセキュリティにおける情報の非対称性を解消すべく、自組織を狙った攻撃者についての様々な情報を提供することが脅威インテリジェンスの重要な要素となります。

 

攻撃者の特定と理解

図:攻撃者に関する脅威インテリジェンスの例

 

「攻撃者から見る自組織のリスクの把握」

貴社では、多種多様なセキュリティ対策ソリューションを導入していると思います。しかし、自組織のリスクについてきちんと把握したうえで、その対策としてセキュリティ対策ソリューションを導入できていますか?セキュリティ対策を行う上で肝となる自組織に存在するリスクを可視化することも脅威インテリジェンスの大事な要素です。

攻撃者は闇雲に手あたり次第攻撃を行っているわけではありません。Cyber Kill Chain©という概念が有名ですが、攻撃対象になり得るシステムはどれか?ソーシャルエンジニアリングに利用できるアカウントはないか?など、まず攻撃対象をリストアップします。組織にとっては攻撃対象としてリストアップされることそのものがリスクとなります。

脅威インテリジェンスは、攻撃者視点で自組織の攻撃対象となり得る箇所についての情報を提供することができます。

図:攻撃者から見る自組織のリスクの把握

 

このように脅威インテリジェンスは、本来、IoCや漏洩データの収集だけではなく、幅広く組織のセキュリティ戦略に貢献できる情報を得ることができるものであるべきです。次回以降のブログでは、脅威インテリジェンスについて様々な角度から深堀、解説していきますのでご期待ください。

CYFIRMAでは組織のセキュリティ戦略から戦術まで活用できる脅威インテリジェンスを提供しています。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

CYFIRMAでは色々な視点から脅威インテリジェンスを理解して頂ける様、各種無料のコンテンツをご用意しています!

✧毎週火曜日に発行「Weekly Security Update」

CYFIRMAが独自で毎週発行している「Weekly Security Update」のメールマガジンです。
その週にあった出来事をピックアップし、さらにサイファーマならではの情報も交えてご紹介しています。
ハッカーの会話をモニタリングしているからこそ、通常では得られない様な情報もいち早く手に入れる事ができますので、
ご興味のある方は下記よりお申込下さい。
※同業他社の方はお断りする場合がございます、ご了承下さい。

メルマガお申込

 

✧毎月定期開催「CYFIRMA ウェビナー」

脅威インテリジェンスとは何かという初歩的な内容から、MITRE ATT&CKフレームワークの活用方法、
毎月の脅威トレンド報告などなど、旬な話題を取り入れ、かつ弊社独自目線も取り入れた内容となっており、
弊社サービス紹介というよりも、脅威インテリジェンスをどう考えるか、どう活用するかという部分で
皆様のヒントとなるよう運営しております。是非お気軽にご参加下さいませ!!!

ウェビナー詳細&お申込

 

✧その他、ご不明な点がございましたら下記よりご連絡下さい。

製品・サービスに関するお問い合わせ